得々三文会
得々三文会
視野と繋がりを少し広げてから職場へ行こう!!

運営メンバー

反田亘昭

1992年(平成2年)3月、山梨学院大学商学部商学科卒業
平成2年4月、株式会社岡島に入社。
食料品第1課、茅野店(食料品、リビング)、外商事業部、労働組合専従、財経部、人事総務部、業務推進部、総務部を歴任。平成28年3月より業務推進部に在籍。茅野店勤務時に、甲府周辺に大型店舗が進出時に商店街について考え始めた。2010年得々クラブで開催していた朝会に参加。2011年7月より「得々三文会」の運営にも携わる。


宮川大輔 - 春光堂書店 専務取締役 -

1974年甲府市生まれ。静岡大学を卒業後、広告代理店を経て、2005年より甲府市中心街の春光堂書店に勤務。創業から97年が経ち4代目にあ たる。D&DEPARTMENT YAMANASHI、フルーツパーク富士屋ホテル、七賢、ワイナリー、医院などの本棚の選書に携わる。読書会、企業や大学や図書館のワークショップの設 計、地域の特産品を使った新商品の開発、「食」と「言葉」を愉しむ読書イベントのプロデュース、人と本のつながりをつくる「やまなし知会(ちえ) の輪」会の運営、読書環境の講演やシンポジウムにも多数参加。200回を超える地域の朝の勉強会「得々三文会」の運営にも携わる。活動の様子は ホームページ
でも見られる。


神山玄太 - 甲府市議会議員 -

1982(昭和57)年生まれ。北新小学校、北中学校、甲府東高等学校、金沢大学を経て、早稲田大学大学院公共経営研究科を修了。日本インターネット新聞社で記者として働いた後、甲府に戻る。2010年、国会議員政策担当秘書資格試験に合格、2011年4月に甲府市議に初当選(3,145票)。2012年5月、早稲田大学パブリックサービス研究所招聘研究員に就任。第6回マニフェスト大賞でグッド・マニフェスト優秀賞を受賞。2015年1月に甲府市長選挙に立候補も、13,442票で次点。2015年4月に甲府市議に2期目の当選(4,375票)。2016年4月から山梨英和大学非常勤講師も務める。甲府をみんなが「大好きなまち」にするため活動中。


菅沼祐介

東京農業大学を2015年に卒業後、地元である東京から単身移住して農家へ。
今の農村を時代にあった形にすべく、甲府市旧中道町で団体、農継者を運営中。
農業に傾倒しがちだが、得々三文会を通して視野をひろげている。


風間 正利

株式会社おせっ甲斐、代表取締役の29歳。法政大、東京大学大学院修了後、「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、山梨に戻り、山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。政治、農業分野から、まちが良くなるおせっ甲斐を実行中。
東京で運営をしていた早朝勉強会「三文会」を参考に、2011年7月山梨で「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。